『中小企業金融円滑化法終了後』中小企業はどうなるのかを"本気で"考える

緊急提言特別セミナー

"金融機関が安易にリスケに応じられなくなる"という事実に、
あなたはどう向き合うのか?

皆さんもご承知の通り、『中小企業金融円滑化法』は、来年3月一杯で終了を予定しています。

各金融機関の取引先企業の多くがこの金融円滑化法を利用して、
いわゆる「リスケジュール」を行っておりますが、経営改善はほとんど進んでいません。

出口の見えない企業も多く存在する中、金融機関としては来年3月末以降を見越して、
今からどのような対応をすべきか、今はまだ各取引先企業への支援体制の見極め中といった感じです。

企業側にとっては、『中小企業金融円滑化法』終了予定である来年3月末までの間に、
どのようにして、"現状を打破し"、"経営改善の結果を出していくか"という、
大変重要な岐路に、今、立たされています。

もちろん、『中小企業金融円滑化法』が終了したら…
「一斉にリスケも終了、それ以降一切リスケは受け付けません」という事にはなりません。

そもそもリスケは、『中小企業金融円滑化法』が前提の手続きではなく、
通常の銀行取引の手続きとして存在するものであります。

そして『中小企業金融円滑化法』とは、金融機関にとってリスケの対応をしやすいように、
金融機関の自己査定の基準を緩和した法律でありました。

しかし、金融円滑化法終了後は、
"金融機関が安易にリスケに応じられなくなる"というのは事実であり、
この事実こそが今後の中小企業にとって大きな問題となります。

経営改善計画をきちんと策定し、その計画に対して
「どれほどの進捗率で改善が進んでいるのか?」
「進んでいないのであれば支援打ち切りもやむなし」といった具合に、
これまでと比べて、非常に厳しい目で金融機関は取引企業を見極めることとなるわけです。

金融円滑化法の終了後も生き残る会社とはどんな会社なのでしょうか?

・ 債務者区分をいかにして上げて、金融支援を取りつけるためには?
・ 評価の8割を握る決算書、税理士が知っておくべき金融機関の着目点
・ 経営改善計画書の作成におけるポイント
・ 実際の資金繰り改善支援の事例

など、厳しい時代に打ち勝つためのポイントをわかりやすく解説致します。

目の前にある事実をきちんと認識し、残された期間を活かして経営改善を実行するべく、
税理士の皆さんが大切な顧問先のために今、出来ることを提言致します。

開催情報

セミナーの模様

日時2012年10月1日(月)
16:00~19:00(15:30受付開始)
会場株式会社InspireConsulting セミナールーム
参加費5,000円(税込)
懇親会セミナー終了後に講師を囲んでささやかですが懇親会を開催します。セミナー中に質疑応答のお時間は設けておりません。懇親会のお時間をご活用下さい。参加費用は別途2,000円(税込)となります。当日受付にて参加費を頂きます。

本セミナーにつきまして

今回のセミナーにご参加頂きました方の個人情報につきましては、(株)InspireConsulting、株式会社フィナンシャル・インスティチュートと行政書士赤沼法務事務所からの商品やサービスの情報提供を目的としてご利用させて頂きます。

セミナーの内容

  • 第一部 講師:川北英貴
  • ・中小企業金融円滑化法の来年3月終了に向けて
  • ・債務者区分の向上策
  • ・リスケ企業の現状の債務者区分と円滑化法終了後の予想
  • ・事業再生の仕事とは
  • 講師:赤沼慎太郎
  • ・資金繰り改善事例
  • ・銀行の見る決算書の着目点
  • ・銀行から支援し続けられる企業になるために
  • ・経営改善計画書作成時の注意点

講師プロフィール

川北英貴 川北 英貴(かわきたひでき)
株式会社フィナンシャル・インスティチュート 代表取締役
経営コンサルタント

1974年愛知県東海市生まれ。早稲田大学法学部卒業後、97年大垣共立銀行入行、法人営業部にて主に中小企業向け融資業務を手がける。その時、「こうすれば銀行と良好な関係を築いて資金繰りがラクになるのに」という思いを毎日のように味わった。 この経験と知恵を日本全国の中小企業経営者のお役に立てたいと、同行を退職後、2004年10月にて大阪市にて株式会社フィナンシャル・インスティチュートを設立。

現在は東京を本社に、他、名古屋・大阪・福岡の計4事務所にて事業再生コンサルティング、資金繰りコンサルティング、売上向上コンサルティングを行っている。2011年6月より税理士等の士業、コンサルタント向け事業再生勉強会「中小企業再生研究会」を主催。

主な著書

主な著書に「銀行がお金を貸したくなる会社引き上げたくなる会社」(PHP研究所)、「中小企業経営者のための融資の基本100」(同文館出版)、「破綻寸前の会社を3年で立ち直らせる法」(同友館)、「絶対にカネに困らない会社にする 資金繰り完全マニュアル」、「銀行とのつきあい方 銀行がホイホイお金を貸したくなる社長になる方法」、「必携!社長のための銀行取引相談」(以上、すばる舎)がある。

赤沼 慎太郎 赤沼 慎太郎(あかぬま しんたろう)
行政書士赤沼法務事務所 代表 
経営コンサルタント、行政書士

1978年、神奈川県生まれ。専修大学商学部卒業後、大手アパレル会社に就職。

2004年に26歳で行政書士赤沼法務事務所を設立し独立開業。事業再生支援と起業支援を中核に事業を展開し、資金繰り指導、資金調達サポートなど、起業家、経営者の支援を精力的に行っている。

行政書士としては数少ない事業再生の専門家。そのコンサルティングは分かりやすく実践的な指導と定評がある。中小企業の経営コンサルティング活動を行う他、講演、執筆活動も積極的に行っている。 2011年6月より税理士等の士業、コンサルタント向け事業再生勉強会「中小企業再生研究会」を共催。

主な著書

主な著書に『「危ない隣の会社」の資金繰り』(すばる舎)、『銀行としぶとく交渉してゼッタイ会社を潰すな!』、『はじめての人の飲食店開業塾』、『はじめての人の治療院開業塾』、『そのまま使える契約書式文例集』(以上、かんき出版)がある。

お申し込みフォーム

は必須項目です。

ご精算方法 
会社名
例)株式会社インスパイア・コンサルティング
お名前 名  例)山田太郎
メールアドレス
例)info@inspireconsulting.co.jp
電話番号
例)03-6418-6182
住所郵便番号 例)150-0002


例)渋谷区渋谷1-8-7 第27SYビル 2階
懇親会
ご質問等

このページの先頭に戻る