「月刊 税務調査対策」元国税調査官の久保 憂希也と松嶋洋が解説

こんにちは、株式会社 InspireConsulting(インスパイアコンサルティング) 代表取締役の久保憂希也と、松嶋洋税理士事務所所長の松嶋洋と申します。
「初めまして」という方もいらっしゃるかと思いますので、まずは自己紹介をさせていただきます。

久保 憂希也

久保 憂希也

Yukiya Kubo
  • 元国税調査官
  • 株式会社InspireConsulting 代表取締役
1977年 和歌山県和歌山市生まれ
1992年 智弁学園和歌山高校入学
1995年 慶應義塾大学経済学部入学
2001年 国税庁入庁、東京国税局配属

医療業、士業、飲食店、不動産関連などの税務調査を担当、また、資料調査課のプロジェクトで芸能人や風俗等の税務調査にも携わる。さらに、東京国税局にて外国人課税に関する税務調査も担当。
2008年 株式会社 InspireConsultingを設立し、税務調査のコンサルタントとして活動し、現在は全国で税務調査対策研究会を開催し、200名以上の税理士に税務調査の正しい対応方法を教えている。
なお、著書には下記のものがある。

松嶋洋

松嶋洋

You Matsushima
  • 松嶋洋税理士事務所所長
  • 税務総合調査コンサルタント・税理士
2002年 東京大学卒業
2003年 国民生活金融公庫
(現日本政策金融公庫)入庫
2004年 東京国税局入局。
管内税務署において、法人税等の
税務調査・審理事務に従事

医療業、士業、飲食店、不動産関連などの税務調査を担当、また、資料調査課のプロジェクトで芸能人や風俗等の税務調査にも携わる。さらに、東京国税局にて外国人課税に関する税務調査も担当。 2008年 株式会社 InspireConsultingを設立し、税務調査のコンサルタントとして活動し、現在は全国で税務調査対策研究会を開催し、200名以上の税理士に税務調査の正しい対応方法を教えている。 なお、著書には下記のものがある。

私達は東京国税局にいた経験から、多くの税理士より税務調査のご相談をお受けしているので、税務調査で問題になりやすい論点、  税理士が見落としやすい盲点を日々、研究しています。

その論点をまとめた物が「月刊 税務調査対策」で、今までに52号を発行してきました。

「なぜ、私達はこの「月刊 税務調査対策」を発行しているのか?

私達が多くの税理士から税務調査に関するご相談をお受けする中で感じることは
「税務調査にもっと強い先生を1人でも多く輩出しなければならない」ということです。

実際、私達のところにお寄せ頂くご質問を拝見すると、「そもそも税務調査の対応方法が間違っている」
感じることも少なくありません。

だから、過去のセミナーでも

  • 正しい税務調査の対応方法
  • 税務調査官の心理、内部事務からの交渉術
  • 公開されていない是認を勝ち取った方法

などをお伝えしてきました。
これを細かいテーマごとに掘り下げたものが「月刊 税務調査対策」なのです。

「月刊税務調査対策」の詳細

オリジナルDVD、CD

税務調査で問題となりやすい個別テーマ、
重要な裁決や判決を解解説した60分間の
オリジナルDVD、CD(DVD、CDは同じ内容)になります。

  • 税務調査で問題になりやすいポイント(30分)
  • 重要な裁決・判決事例の解説(30分)

などの2テーマを毎月解説します。

  • 「月刊 税務対策調査」ダイジェスト
    ~久保憂希也 編~

  • 「月刊 税務対策調査」ダイジェスト
    ~松嶋洋 編~

オリジナル冊子「月刊税務調査対策」

毎週3回発行している弊社の税務調査対策メルマガ(無料版、有料版の両方)
冊子としてまとめたものです。
社内の回覧などにご利用ください。

利用者の声

過去の具体的なバックナンバーの例をいくつかご紹介させていただきます。

発行月 タイトル
2010年6月 反面調査の断り方
2010年7月 税務調査の立証責任
2010年8月 申告書の受理から調査先の選定の流れ
2010年9月 嘆願書の真実
2010年10月 帳簿書類がない場合の仕入税額控除
2010年11月 税務調査の法的知識
2010年12月 行為計算否認
2011年1月 重加算税の重要判例
2011年2月 不服申立ての実務
2011年3月 開業数年で爆発的に新規顧客数を獲得している税理士法人とは?- 特別対談CD - (※CDのみ)
2011年4月 事実認定について
2011年5月 短期前払費用
2011年6月 税理士の賠償責任
2011年7月 役員報酬・退職金の基準
2011年8月 加算税の考え方
2011年9月 過大役員報酬に係る税務調査 (松嶋先生対談)
2011年10月 関係会社の寄付金について
2011年11月 相続税の税務調査 (塚田先生対談)
2011年12月 税務調査の手続き等の法制化
2012年1月 書面添付の有効活用
2012年2月 グレーゾーンの反論方法
2012年3月 質問検査権で注意すべき点
2012年4月 重加算税賦課に係る留意点
2012年5月 立法趣旨について
2012年6月 更正の請求
2012年7月 推計課税
2012年8月 消費税改正のリスク
2012年9月 税務調査の事務運営指針の改定
2012年10月 期間の制限
2012年11月 社会保険料削減のスキームに潜む税務リスク
2012年12月 重加算税の署内処理・重加算税の重要裁決
2013年1月 更正の請求の特例・事実認定
2013年2月 各税目における重加算税・過大役員報酬
2013年3月 減価償却費と交際費・消費税
2013年4月 税務調査の手続き・実質課税
2013年5月 選定方法に関して・通達課税
2013年6月 調査手続きの関するFAQ・消費税還付の税務調査
2013年7月 正しい主張と間違った反論・会社の救済
2013年8月 調査と行政指導の区分・理由附記の程度
2013年9月 書面添付の注意点・加算税賦課のタイミング
2013年10月 会計検査院の対応・理由附加の義務化
2013年11月 必要経費の判定/資産の帰属と認定賞与
2013年12月 延滞税の計算について/貸倒損失と節税目的
2014年1月 消費税の重加算税/法人税法22条4項の真実と税務調査対策
2014年2月 課税処分の連動/内部統制と実質課税
2014年3月 決算月と税務調査の関係/黙示合意の立証と対価性の意義
2014年4月 法人以外の調査時期と評価の時期/問屋の意義と消費税
2014年5月 寄付金の論点/低廉譲渡の意義と利益調査
2014年6月 調査手続き全般/改ざんの意義と重加算税
2014年7月 調査先の選定基準/有姿除去の意義と会計基準
2014年8月 売上の計上時期/仮名口座の過少申告と重加算税
2014年9月 不動産所得の調査論点/信義則と不当な理由の意義と相違
2014年10月 反論根拠になる判例を見つける方法/グレーゾーンを分ける重大な事実
2014年11月 仕入税額控除の要件/委託販売等の帰属と対価の範囲
2014年12月 不服申立制度の改正内容/簡易課税の事業区分がなされていない場合のみなし仕入れ率
2015年1月 調査手続きの改正内容/帳簿の記載が不十分である場合等の青色取消しの考え方

実際、このDVDは多くの税理士からご好評頂いております。

税理士 菊地 正和 様

税務調査の反論方法がわかります。

東京都新宿区
税理士 菊地 正和 様

毎月送られるDVDを見て、税務調査の最新情報や具体的事例を学んでいます。 実際の税務調査で常に問題になるポイントばかりで、調査官に否認指摘を受けても反論するロジックを学ぶことができ、非常に役立っています。 元調査官ならではの視点は非常に興味深く、勉強になることばかりです。どうぞ、これからもよろしくお願いします。

税理士 色木 路貴 様

非常に濃い内容です。

北海道札幌市
税理士 色木 路貴 様

久保さんのセミナーを受講して、「これは!」と直感し、すぐに会員になりました。 税務調査対策研究会も受講しましたが、共に非常に濃い内容で満足しており、毎月送られてくるDVDが楽しみで仕方ありません。
また、何といっても税務調査の個別相談を割安で受けられたことも大きなメリットでした。 元国税調査官ならではの考え方が非常に役に立っています。 今後もいろいろなサービスを活用していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

税理士 堀 龍市 様

毎月のDVDの内容に感心してしまいます。

大阪府大阪市
税理士 堀 龍市 様

久保さんのセミナーにはほとんど出席していますが、それでも毎月送っていただくDVDの内容には本当に感心しています。 また、DVDやCDは職員の教育用にも活用できますので、自分だけでなく、職員のレベルアップもすることができ、非常に役立っています。 会計事務所は職員の成長が事務所の成長を大きく左右しますので、今後もより良い情報を期待しています。

税理士 村井 香苗 様

常に新しい情報を提供してくれるのが役立っています。

大阪府大阪市
税理士 村井 香苗 様

この会員サービスには最初から入会しています。元国税でないと手に入らない情報であることはもちろん、 現在もそのネットワークで常に新しい情報を提供して頂き、実際の税務調査の立会いでも大いに役立っています。 そういうポイントになる点を個別にDVDで送って頂けるのが本当に嬉しいです。

税理士 柿迫 宏則 様

会員の割引サービスが嬉しいです。

岡山県岡山市
税理士 柿迫 宏則 様

毎月のDVDが勉強になることはもちろんですが、会員になると、税務調査研究会を割引価格で受講できるのが嬉しいですね。 私は岡山県に住んでいますが、毎月、大阪で受講していますし、東京のセミナーも興味があれば受講しているほどです。 久保さんの税務調査ノウハウは本物なので、多くの税理士がDVDやセミナーを通して、身に付けることをお薦めします。

このDVDで解説している内容は市販の書籍には書いてないものが中心となっています。

たとえば、「反面調査の断り方」、「グレーゾーンの反論方法」、「申告書の受理から調査先の選定の流れ」などは一例ですが、 市販の書籍を100冊読んでも書いてない内容です。
もちろん、これらは法律に書いてあることでもありません。
しかし、実際の現場ではこういう「どこにも書いていない内容が最も役に立つ」のです。
しかし、こういうことを知らずに税務調査の現場で交渉されている税理士の方は多く、 結果として、納税者の不利益になっていることも多いのです。
それは国税側の理不尽なことがまかり通っており、税理士も認めてしまっているという事実に他なりません。
そういうことを排除し、より多くの税理士の方に
「本当の税務調査の交渉方法」「リスクの事前回避」を知って欲しいのです。

このDVDをご覧になれば、税務調査で問題となることを事前に対策することができ、税務調査により強い税理士になることができます。

なぜ、上記のような細かいテーマごとに掘り下げたかというと、
実際の現場で問題になることは各論であるからです。
それを事前に防ぎたいので、細かく掘り下げたテーマでDVDを作成してきたのです。
繰り返しになりますが、私はこのDVDを通じ、多くの先生方にもっと税務調査に強い税理士になって頂きたいと願っております。
是非、ご覧になってください。

会員特典

特典1 セミナー受講料はすべて無料!!(1事務所1名様)

DVD購入代金が割引き

入会時にDVD2本(定価40,000円)プレゼント

DVD質問検査をマスターする講座」(定価:20,000円)

DVD質問検査をマスターする口座」

内容の一部をご紹介します。

  • 来年から税務調査はこう変わる!
  • 現行の税務調査で気をつけるべきはここ!
  • 不当な税務調査から身を守る方法とは?

DVD「条文解釈から考える税務調査」(定価:20,000円)

DVD「条文解釈から考える税務調査」

内容の一部をご紹介します。

  • 租税法律主義とは建前か?
  • 通達課税を考える
  • 修正申告と更正の請求は要件が違う!?

有料メルマガが無料

税務調査対策コンサルティングの相談を久保が承ります

価格とお支払い

まずはお試しを! 

弊社セミナー受講料全て無料!!
  • 入会費 : 10,000円(税別)

  • 月会費 : 10,000円(税別)

お支払い方法クレジットカードまたは口座引き落とし

会員規約

第1条(会員規約)
この会員規約(以下、「本規約」)は、株式会社InspireConsulting(以下、「当社」)が運営する「月刊 税務調査対策」(以下、「当サービス」)を受ける第3条所定の会員(以下、「会員」)に適用されるものとします。
第2条(本規約の変更)
当サービスは会員の了承を得ることなく本規約を変更することがあります。この場合、当サービスの利用条件は変更後の規約によるものとします。 変更後の規約についてはオンライン上の表示その他当会が適当と判断する方法により通知した時点から効力を生じるものとします。
第3条(会員)
会員とは、以下のいずれかに該当する者をいいます。
・当会への入会を申し込み、当会がこれを承認した方
・当会が入会を承認した方
会員は当サービスが入会を承認した時点で、本規約の内容を承諾しているものとみなします。 また会員の権利はご登録いただいたご本人のみが利用できるものとし、他の誰にも譲渡・貸与できないものとします。
第4条(秘密保持)
グループ内の内容は会員様向けの情報になりますので、ご自身の業務にのみご利用ください(退会後も同様)。
第5条(会員資格)
申し込み内容に虚偽があった場合、モラルや公序良俗に反する行為をする方の場合、その他弊社が本サービスの会員として不適当と判断した場合には入会、継続はお断りさせていただきます。
第6条(利用方法)
当サービスをご利用頂くには、利用者が本規約に同意し、個人情報を登録する必要があります。また、ご登録頂いたメールアドレス宛に、弊社からの情報提供を目的としたメールマガジンを配信させて頂くことがございます。
第7条(登録情報の共有)
会員に関する情報は当社と日本中央税理士法人で共有することと致します。
第8条(入会金について)
当サービスの入会金は10,000円(税抜)とします。お支払いはクレジットカードまたは口座振替によるものとします。なお、理由の如何を問わず、入会金の返金には応じません。また、クレジットカードの明細をもって、弊社からの領収書とさせて頂きます。
第9条(会費について)
当サービスの会費は1ヵ月10,000円(税抜)とします。なお、会費の日割り計算はいたしませんので、ご了承ください。お支払いはクレジットカードまたは口座振替によるものとします。また、クレジットカードの明細をもって、弊社からの領収書とさせて頂きます。
第10条(消費税について)
本規約にかかわる取引について消費税が賦課される場合、又は消費税率が変更される場合は、会員は当該消費税相当額又は当該増額分を負担するものとします。
第11条(サービスの登録完了について)
当サービスへの申し込み完了後、クレジットカードのご決済、または口座振替用紙が弊社に到着した時点で登録完了となります。尚、登録完了のお知らせはしておりません。
第12条(サービスを受けられる期間について)
当サービスが提供するサービスは会員でいる期間のみ使用することができ、退会後は使用することができないこととします。
第13条(登録内容の変更について)
会員は登録したメールアドレス等の連絡先や、その他の登録情報に変更があった場合、当社所定の方法により、すみやかに変更の届け出を当会に行わなければなりません。会員が届け出を怠った場合に、当サービスからの通知等が不到達となったとしても、会員は異議なく承認することとします。
第14条(退会について)
会員が退会を希望する場合には、月末をもって退会するものとし、退会希望月の20日までにtaxel@inspireconsulting.co.jpに退会の旨をメール送信し、弊社からのご連絡がされた時点で手続完了となります。なお、20日までに解約の手続きがない場合、翌月も自動的に課金されますので、ご注意ください。
第15条(免責事項)
本サービスの内容は一般企業の方の理解度を高めるため、敢えて税務の詳細を省略している場合がございます。そのため、本サービスの内容を実行される場合は必ず、税理士にご相談ください。なお、本サービスのご利用により、会員に損害が発生したとしても、その理由の如何を問わず、弊社は一切の責任を負わないものとします。
第16条(著作権について)
著作権は当サービスに属するものとし、日本の著作権法その他の法律により保護されております。当会の許可のない転載や盗用などは禁止と致します。

平成26年10月1日作成

会員規約に同意頂ける方は下記にチェックをして次にお進みください。

松嶋 洋
松嶋洋税理士事務所所長

松嶋 洋

「税務調査対策に正解はない。」

税務調査には厳格なルールがありますが、それを調査官はあまり理解していません。
基本的に、税務調査は調査官の裁量に委ねられています。 結果、ある税務調査では勝った理屈が、他の税務調査では否認されることもあります。
となれば、税務調査で勝つためには、多くの事例を経験するとともに、
税務調査のあり方を決める税務署の内情について学び続ける必要があります。 重要判例等を検討し、内情についてもタイムリーに解説するこの月刊税務調査対策は、
税理士の継続的な学びの機会として最良と言えます。