• HOME
  •  › セミナー
  •  › 一般社団法人と信託の根本と全体像

一般社団法人と信託の根本と全体像

弊社では今年初!お待たせしました・・・
牧口晴一税理士のご登壇です!

つい先日、改訂・発売されたばかりの「図解&イラスト 中小企業の事業承継」
(6訂版・平成27年度税制改正対応)を使用
して講演していただきます。

なお、弊社では平成25年11月に、同書籍の5訂版を使用した「消費税還付と相続節税セミナー」を
開催しておりますが、その内容とはまったくの別物となっております。ご注意ください。

本セミナーでは、上記書籍の6訂版で新たに加えられた
「一般社団法人」と「信託」、さらには一般社団法人に持分がないという共通項から、
移行が問題化している医療法人まで取り扱う内容となっています。

相続・事業承継について、「一般社団法人」や「信託」が有益だと、
最近特に聞くことが多くなりました。

それぞれの基礎を学んでみるものの、イマイチしっくりこない。
そんな税理士のために、「全体像」から理解をするのがこのセミナーです。

「一般社団法人」も「信託」も、従前の株式会社等による、
相続・贈与・譲渡による承継とどう違うのか?
「基礎」以前の【そもそも】の部分からの整理でスッキリさせます。

いわば、ボタンの掛け違いをクリアにするというのが趣旨なのです。
すると、医療法人についても、つながっていることが理解できて、応用が効くことになります。

いずれも本セミナーでは、詳細に取り上げるのではなく、
「全体像」を捉えなおす視点から解説するものです。

講師は、もう説明するまでもありません・・・
牧口晴一税理士による講演となります。

毎回のことですが、4時間という長いセミナーが
アッという間に感じられることは間違いありません。

一般社団法人・信託のセミナーは受けたことがある。
しかし、そもそも論や全体像を理解する必要があると感じている
税理士・会計事務所職員には必須の内容となっています。

ぜひ、ご受講ください!

『図解&イラスト 中小企業の事業承継』をセミナー受講者全員にプレゼント!!!

セミナー内容

  • 「一般社団法人・財団法人」「医療法人」が何と、普通の相続・事業承継に関係する!
  • 理解が難しい「信託」も“新たな位置付け”を得て、体系的な理解が容易に!
  • 「一般社団法人」と「信託」は、ここで結合する!
  • 「医療法人」の根本もこれで理解できる!
  • 使えない「結婚・子育て非課税贈与」のマル秘活用法・これにも信託を!

講師プロフィール

牧口 晴一

牧口 晴一

牧口会計事務所所長 税理士

昭和28年生まれ、慶應義塾大学法学部法律学科卒。 名古屋大学法学部大学院(会社法)修士。 平成24年4月から我が国唯一の法務大臣認証「事業承継ADR(裁判外紛争解決)」調停補佐人。 主な共著書に、『イラストでわかる中小企業経営者のための新会社法』(経済法令・2006)、『パラパラめくって比べる会計』(税務経理協会・2009)、『事業承継に活かす従業員持株会の法務・税務(第2版)』(中央経済社・2012)、『6%の売上UPで利益が2倍になるワケ』(税務経理協会・2010)、『中小企業の事業承継(第6版)』(清文社・2015)、非公開株式譲渡の法務・税務(第4版)』(中央経済社・2014)、『組織再編税制・資本等取引をめぐる税務の基礎』(中央経済社・2012)等がある

セミナー開催情報

セミナー名 一般社団法人と信託の根本と全体像
日時 2015年7月9日(木)15:00~19:00(開場14:30)
※通常のセミナーより開始時間が早くなっていますのでご注意ください。
会場 株式会社InspireConsulting セミナールーム
〒150-0002 渋谷区渋谷1-8-7 第27SYビル2階
参加費 一般:15,000円(税別)
会員:無料
会員とは月刊税務調査対策の会員のことをいいます。
会員制度について詳しくはこちらから
懇親会 (ご参加は任意) セミナー終了後に講師を囲んでの懇親会を開催します。
懇親会参加費:1名様につき別途5,000円(税別)
最低開催人数 10名
最低開催人数に満たなかった場合は開催を中止とし、
お支払い済みの受講料はご返金させていただきますので予めご了承くださいませ。

今回のセミナーにご参加頂きました方の個人情報につきましては、(株)InspireConsultingからの商品やサービスの情報提供を目的としてご利用させて頂きます。

お申し込み

■■■重要■■■ 会員価格でお申込みの方へ

会員とは「月刊税務調査対策」(月額10,800円・毎月DVDとCDをお届けするサービス)の会員を示します。会員ではないお客様が申し込まれた場合、改めてお申し込み頂く場合がございますので、ご了承ください。
「月刊税務調査対策」のお申込みはこちらから。