• HOME
  •  › セミナー
  •  › 中小企業の事業承継 第二の遺言となる『戦略的モデル定款』

中小企業の事業承継 第二の遺言となる『戦略的モデル定款』

告知後即満員の人気講師、牧口晴一税理士が、
難解な会社法を独自のわかりやすさで解説!

出来あいの定款でとりあえず設立してしまった会社は普段は問題なくとも、相続発生で手遅れに…
むしろ手遅れになったことにすら気づいていないのです。

ひとたび「争族」が勃発すると定款が足かせになってしまい、負ける!

せっかく会社法が中小企業向けに改正され、
事業承継にも活用できるの定款が活用されていない!

それらに対応するためには、第二の遺言書「定款」を事前に整備すべきなのです!!

相続や承継をめぐって紛争が発生

事業承継前後で、その相続や承継をめぐって紛争が発生しがちです。

この時、会社法の改正にも対応させておらず、株式発行会社のままになっていては、
反対株主から株式発行請求を急遽突きつけられ「みなし承認」に陥ることすらあります。

そこで大切なのが事業承継対策

相続・事業承継対策で重要な遺言書には、
「財産の処分」と子どもの認知などの「身分」のことしか書けません。

「株式は後継者に相続させる」と「財産の処分」のことを書くことができても
議決権を後継者に集中させるために、種類株式にして議決権制限株式を作ったりするなど、
詳しいことは、遺言書ではできません。
そこで会社法で規定する「定款」で規定し、多くの場合「登記」しなければなりません。

しかし、多くの中小企業では設立の際、
出来合いのひな型で安直に作られた「定款」が多く、
相続や事業承継に不具合が起きているのが現状です。

本当にその定款が正しいのか!?

主に相続後に起こることでは、「相続クーデター」があります。
当然、後継者だと信じていた長男が、
出来合いのひな型定款で作ったがために追い出されたりするリスクがあります。

そのために定款を見直すと、恐ろしいことに、
譲渡制限がされておらず会社法上の多くメリットが受けられない、
「公開会社」になっている場合が多く見受けられます。
しかも、そのことすら知らず、「非公開会社」のメリットを受けている違法状態もあります。
これらは、後日起こされる紛争の場合に根底から覆されます。

これらに対応するためには、会社法のポリシーである「定款自治」を最大限活用して、自らにふさわしいオーダーメイドの定款に見直すことです。

株主総会も、実際に開催しない現状を維持したまま
合法的に株主総会を開催したとみなすことも可能です。

以上を学べば副産物として、難解な会社法の骨格を理解することもできます。

特に先述した、「公開会社」の意味は会社法の定義の中でも難解かつ重要です。
だからこそ、逆に「非公開会社」である10を超えるメリットを知らずして
事業承継対策はできません。

相続(民法)は頭割りの平等主義。しかし、株式会社(会社法)は多数決主義。
この相矛盾する制度を一緒に行うのが事業承継で、
これをつなぐのが「定款」なのです。

個人の遺言に相当する「定款」これはまさに、経営者の第二の遺言書です。

ぜひご受講ください!

セミナー受講者様にはこちらの書籍をプレゼント!

[七訂版]図解&イラスト『中小企業の事業承継』
~最新!税制改正対応~
[七訂版]図解&イラスト『中小企業の事業承継』をセミナー受講者全員にプレゼント!!!
牧口 晴一氏共著
清文社 / 2016年5月発行
価格:3,024円(税込)

セミナー内容

  • 1.整備が欠かせない「定款」、資産家の「遺言書」切り札を学ぶ
  • 2.具体的な「定款」で事業承継に有益な規定を作る切り口で学ぶ
  • 3.とりあえずで「定款」作ってしまった会社で会社法を活かす方法を学ぶ
  • 4.争族にならない「定款」とは。定款だけで強力な種類株式を作ることを学ぶ
  • 5.10月1日以降の株式会社の登記対策を学ぶ
  • 10月1日以降の株式会社の登記に「株主リスト」の添付が必須。
    これを定款の整備によって株主名簿の整備を進め、会計事務所や会社の訴訟等のリスクを回避できる対応策。

講師プロフィール

牧口 晴一

牧口 晴一

牧口会計事務所所長 税理士

昭和28年生まれ、慶應義塾大学法学部法律学科卒。 名古屋大学法学部大学院(会社法)修士。 平成24年4月から我が国唯一の法務大臣認証「事業承継ADR(裁判外紛争解決)」調停補佐人。 主な共著書に、『イラストでわかる中小企業経営者のための新会社法』(経済法令・2006)、『パラパラめくって比べる会計』(税務経理協会・2009)、『事業承継に活かす従業員持株会の法務・税務(第2版)』(中央経済社・2012)、『6%の売上UPで利益が2倍になるワケ』(税務経理協会・2010)、『中小企業の事業承継(第6版)』(清文社・2015)、非公開株式譲渡の法務・税務(第4版)』(中央経済社・2014)、『組織再編税制・資本等取引をめぐる税務の基礎(第2版)』(中央経済社・2016)等がある

セミナー開催情報

セミナー名 ~事業承継に必須の「定款」の整備が遅れている!~
中小企業の事業承継 第二の遺言となる『戦略的モデル定款』
日時 2016年10月13日(木) 15:00~19:00(開場14:30)
会場 株式会社KACHIELセミナールーム01
〒108-0074 東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル 6階
※株式会社InspireConsulting セミナールームではございません。ご注意ください。
地図
参加費 一般:15,000円(税別)
会員:無料
懇親会 (ご参加は任意) セミナー終了後に講師を囲んでの懇親会を開催します。
希望者のみ セミナー終了後より2時間程度
懇親会参加費:1名様につき別途5,000円(税別)
※事前精算とさせていただきます。
※先着10名様までとなります。
※懇親会は喫煙席となります。事前にご留意ください。
最低開催人数 10名
最低開催人数に満たなかった場合は開催を中止とし、
お支払い済みの受講料はご返金させていただきますので予めご了承くださいませ。

今回のセミナーにご参加頂きました方の個人情報につきましては株式会社KACHIEL(InspireConsulting)の商品やサービスの情報提供を目的として利用させて頂きます。

お申し込み

■■■重要■■■
会員価格でお申込みの方へ

会員とは「月刊税務調査対策」(月額10,800円・毎月DVDとCDをお届けするサービス)の会員及び「月刊税務調査対策 プレミアム」(月額32,400円・月刊税務調査対策に加え毎月無料でセミナーDVDをお届けするサービス)「TRUSTAX会員」(経営者の案件を月額3~8万円で紹介するサービス)の会員を示します。会員ではないお客様が申し込まれた場合、改めてお申し込み頂く場合がございますので、ご了承ください。

「月刊税務調査対策」のお申込みはこちらから。
「月刊税務調査対策プレミアム」のお申込みはこちらから。
「TRUSTAX会員」につきまして詳しくはこちらから。