• HOME
  •  › セミナー
  •  › 国税が税務調査先を選定するポイントはここ!

国税が税務調査先を選定するポイントはここ!

※保険会社様の特別協賛セミナーのため、保険関係者の方からのお申込みはご遠慮頂いております。

「税務調査の対応方法は知りたいが、それ以上に税務調査に入られにくくする方法を知りたい
実際に、このように要望されたことがあります。

統計的にいえば、法人の実地調査率は3%程度しかないのに、
なぜあの顧問先は定期的に税務調査が入るのか?
いつも不思議に思っている税理士も多いはずです。

そもそも税務署は、ランダムで税務調査先を選んでいるわけではなく、
さまざまな根拠をもって、調査先を選定しているわけです。

本セミナーでは、久保憂希也が講師として、「税務調査の選定ポイント」を解説します。

税務署の内部事情やKSKの仕組み、さらには調査官の選定基準を知れば、結果として、
税務調査に入られにくくする方法もわかりますし、税務調査の対応方法も変わります。

ぜひ、ご受講ください!

セミナー内容

  • KSKの調査選定基準はこれ!
  • 調査の時期と調査官の評価の関係
  • 何の数値と比べて異常値?
  • 調査に入られやすい業種が存在する
  • 具体的に何をすれば調査に入られにくくなるのか?

講師プロフィール

久保 憂希也 (くぼ ゆきや)

久保 憂希也 (くぼ ゆきや)

元国税調査官
株式会社InspireConsulting 代表取締役
株式会社 KACHIEL 代表取締役社長


1977年 和歌山県和歌山市生まれ 1992年 智弁学園和歌山高校入学 1995年 慶應義塾大学経済学部入学 2001年 国税庁入庁、東京国税局配属 医療業、士業、飲食店、不動産関連などの税務調査を担当、また、資料調査課のプロジェクトで芸能人や風俗等の税務調査にも携わる。さらに、東京国税局にて外国人課税に関する税務調査も担当。 2008年 株式会社 InspireConsultingを設立し、税務調査のコンサルタントとして活動し、現在は全国で税務調査対策研究会を開催し、650名以上の税理士に税務調査の正しい対応方法を教えている。2016年に(株)トラスタックス(現KACHIEL)と経営統合。現在、 (株) KACHIEL代表取締役社⻑。なお、著書には下記のものがある。

社長、税務調査の損得は税理士で決まる! 元国税調査官が斬る 税務調査の真実 社長、御社の税金は半分にできる! 日本一やさしくて使える税金の本 経理以外の人のための「日本一やさしくて使える会計の本」
頭の回転数を上げる45の方法 「数字」で考えるコツをつかめば、仕事の9割はうまくいく 20代で絶対に身につけたい数字力のルール 文系ビジネスマンでもわかる数字力の教科書 元国税が教える「会社を救う!5つの社長力」

セミナー開催情報

セミナー名 ~これを知れば調査数・調査率が下がる~
「国税が税務調査先を選定するポイントはここ!」
日時 2017年6月21日(水) 18:00~20:00(開場17:30)
会場 CIVI北梅田研修センター 会議室507
大阪府大阪市北区芝田2丁目7番18号 オーエックス梅田ビル新館5F
参加費 無料
懇親会 (ご参加は任意) セミナー終了後に講師を囲んでの懇親会を開催します。
希望者のみ セミナー終了後より2時間程度
懇親会参加費:1名様につき別途5,000円(税別)
※事前精算とさせていただきます。
※喫煙席となっております。
最低開催人数 10名
最低開催人数に満たなかった場合は開催を中止とし、
お支払い済みの受講料はご返金させていただきますので予めご了承くださいませ。

今回のセミナーにご参加頂きました方の個人情報につきましては、(株)KACHIEL(InspireConsulting)と特別協賛会社(株式会社プラザリンク/I・NEST有限会社)からの商品やサービスの情報提供を目的としてご利用させて頂きます。

お申し込み

お申し込みはこちら