株式と借入金

伊藤俊一税理士による・・・
オーナー個人⇔法人間における税務上の注意点・問題点・留意点を
全4回にわたってセミナー開催します。

第1回目は「株式と借入金」に焦点を当ててお伝えします。

オーナー(一族を含む)とその法人間では、株式はもちろん、貸付金・借入金という形で
金銭のやり取りをしているケースがほとんどです。

B/S上の債権債務を役員報酬で調整したり、繰欠の範囲内で債権放棄をしたり・・・
DESや種類株を活用することまで検討するケースもあるでしょう。

その一方で、株式・金銭債権・債務を安易な方法で解消しようとすると、
そこには税務リスクが潜んでいることも多くあります。

本セミナーでは、B/Sの右側に焦点を当て、

オーナーから法人に対して多額な貸付(法人の借入)があった場合、どのように対応すべきなのか?
借入を株式に転換する、増資・種類株などを活用した場合、税務上気を付けるべき点はどこか?
・株価算定上の注意点はどこで、(相続時など)債務も時価評価できないのか?
自己株式の取得など、活用できるスキームとその適用ケース
 自己株式の取得、保有、処分時における税務上の適正な株価の考え方と、
 それに係る株主・法人の課税関係の整理と考え方
個人間の利益移転は「みなし贈与」の発動可能性がある。
 実務上、発動されないその許容範囲は?当局から見た「みなし贈与」発動の位置づけとは?
税務上の適正な株価の真の許容範囲とは?
 本当に教科書的な税務上の適正な株価で譲渡しなければばらないのか?
 当局から見てどこまでが「みなし贈与」あるいは「みなし譲渡」の発動にあたるのか?
などをお伝えします。

相続・事業承継・経営権の移行の場面では常に問題となる「株式と借入金」。

本セミナーで整理してお伝えしますので、ぜひご受講ください!

セミナー内容

※下記の項目を中心に教科書的なことは一切話さず、実践的なことをお話します。

  • オーナー借入をどうやって減らすべきなのか?DESの使い方
  • 増資・種類株を活用して、みなし贈与になるケース
  • 種類株と属人株の違い、どう使い分けるべきか?
    また、導入の際の課税関係についての留意点は?
  • 自己株式の取得とその活用法
  • 自己株式の取得、保有、処分時における税務上の適正な株価の考え方と、それに係る株主・法人の課税関係の整理と考え方
    また、低額取得、高額取得の際のよくある勘違いとは?
  • 株価を引き下げる方法及び、株価を引き下げた場合の個人(株主間)、法人間での課税関係の考え方・留意点・盲点
  • 個人間の利益移転は「みなし贈与」の発動可能性がある。
    実務上、発動されないその許容範囲は?当局から見た「みなし贈与」発動の位置づけとは?
  • 税務上の適正な株価の真の許容範囲とは?
    本当に教科書的な税務上の適正な株価で譲渡しなければばらないのか?
    当局から見てどこまでが「みなし贈与」あるいは「みなし譲渡」の発動にあたるのか?

講師プロフィール

伊藤俊一

伊藤 俊一(いとう しゅんいち)
伊藤俊一税理士事務所代表

1978年(昭和53年)愛知県生まれ。
勤務時代、都内会計事務所を経て、都内コンサルティング会社にて某メガバンク案件に係る事業再生、事業承継、資本政策、相続税等のあらゆる税分野を経験。特に、事業承継・少数株主からの株式集約(中小企業の資本政策)・相続対策・地主様の土地有効活用コンサルティングは勤務時代から通算すると数百件のスキーム立案実行を経験しており、豊富な経験と実績を有する。
現在、厚生労働省ファイナンシャル・プランニング技能検定 試験委員
一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務専攻在学中。

セミナー開催情報

セミナー名 ~オーナー個人⇔法人間における税務上の注意点・問題点を解説~
第1回「株式と借入金」
日時 2016年2月8日(月) 18:00~20:00(開場17:30)
会場 株式会社InspireConsulting セミナールーム
〒150-0002 渋谷区渋谷1-8-7 第27SYビル2階
参加費 一般:10,000円(税別)
会員:無料
最低開催人数 10名
最低開催人数に満たなかった場合は開催を中止とし、
お支払い済みの受講料はご返金させていただきますので
予めご了承くださいませ。

今回のセミナーにご参加頂きました方の個人情報につきましては株式会社InspireConsultingの商品やサービスの情報提供を目的として利用させて頂きます。

お申し込み

■■■重要■■■ 会員価格でお申込みの方へ

会員とは「月刊税務調査対策」(月額10,800円・毎月DVDとCDをお届けするサービス)の会員及び「月刊税務調査対策 プレミアム」(月額32,400円・月刊税務調査対策に加え毎月無料でセミナーDVDをお届けするサービス)の会員を示します。会員ではないお客様が申し込まれた場合、改めてお申し込み頂く場合がございますので、ご了承ください。
「月刊税務調査対策」のお申込みはこちらから。
「月刊税務調査対策プレミアム」のお申込みはこちらから。