• HOME
  •  › セミナー
  •  › 誤りやすい相続税、贈与税の事例集

誤りやすい相続税、贈与税の事例集

税理士が陥りやすい相続税、贈与税の穴!
本セミナーで具体的事例を一挙公開!!

相続税申告はビジネスチャンスか?
増税分だけリスクを負うのか??

相続税申告数が大幅に増えている現在、税理士・会計事務所にとって相続事案は、
ビジネスチャンスである一方、相続税率がアップし、複雑化している税制の中で、
申告ミスをしてしまうと、税賠等の責任負担額が増えてしまうのもまた事実です。
また、相続税申告は、法人や個人の申告とは違った側面があり、
自分なりに調べて申告したつもりが、思わぬワナにはまってしまうことも、実務上は多々あるわけです。

生前贈与・保険・評価・・・
相続税申告はワナだらけ!?

一概に相続税申告といっても、名義預金等のある意味問題になりやすい論点はさておき、
生前贈与をしている場合、生命保険に加入している場合、土地等の評価が問題になる場合・・・
論点になるポイントが非常に多いのが特徴です。
もちろん、税理士・会計事務所としては、ミスや勘違いを
防ぐために様々なセミナーを受講し、事務所内で策を講じるわけですが、
すべてのことを知り、すべてのことをチェックすることは不可能に近いわけです。

だからこそ本セミナーを企画しました!

本セミナーは、弊社メルマガ・金曜日の担当をしている見田村元宣税理士が、
税理士・会計事務所が勘違いしやすいポイントに論点を絞ってお伝えするものです。
相続税制一般の話ではなく、実際に問題になり、争われた事例のみを
取り扱うことで、他の税理士が陥った穴に落ちることを避けることが目的なのです。
ぜひ、相続税申告で間違えないよう、本セミナーをご受講ください!

セミナー内容

  • 生前贈与が問題になった事例
  • 生命保険料の負担者が誰なのかが争われた事例
  • 債務控除について争われた事例
  • 広大地の評価が争われた事例
  • 土地の評価が争われた事例

講師プロフィール

見田村 元宣(みたむら もとのぶ)

見田村 元宣(みたむら もとのぶ)

株式会社日本中央会計事務所 代表取締役
日本中央税理士法人 代表社員
税理士・宅地建物取引主任者

昭和43年愛知県生まれ。 平成5年早稲田大学卒。 その後、自動車メーカー、(株)シーケーシステム研究所、(株)タクトコンサルティング・本郷会計事務所を経て、平成14年1月に株式会社 日本中央会計事務所 代表取締役に就任。 現在は売上増加のマーケティング、節税コンサルティング、相続、事業承継、不動産譲渡、組織再編、企業再生等のコンサルティング及びセミナーを主な業務の中心として活動。 テレビ埼玉の「埼玉経済情報」にレギュラーコメンテーターとして出演経験あり。 著書に「あの社長の羽振りがいいのにはワケがある」(すばる舎リンケージ)、「『儲かる!会社』に一瞬で変わる」(インデックス・コミュニケーションズ)、「朝9時までの『超』仕事術」(インデックス・コミュニケーションズ)、 共著に『「会社が危ない!」と思ったときにお金をひねり出す61の方法』(日本実業出版社)、「守りから攻めへの譲渡資産税実務Q&A」(ぎょうせい)等がある。

あの社長が羽振りがいいのにはワケがある 儲かる!会社 一瞬で変わる 朝9時まで「超」仕事術 「会社が危ない!」と困ったときにお金をひねり出す61の方法 フリーランスの教科書
B/SとP/L 社長!税務調査ココが狙われます!! 相続税増税あなたの家は大丈夫 かわいい決算書 守りから攻めへの譲渡資産実務Q&A

 

セミナー開催情報

セミナー名 ~多くの税理士が勘違いしている!~
「誤りやすい相続税、贈与税の事例集」
日時 2015年6月12日(金) 18:00~20:00(開場17:30)
会場 株式会社InspireConsulting セミナールーム
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-8-7第27SYビル2F
受講料 一般 10,000円(税別)
会員:無料

「会員」とは、「月刊税務調査対策の会員」のことをいいます。会員制度について詳しくはこちらから
懇親会 (ご参加は任意) セミナー終了後に講師を囲んでの懇親会を開催します。
懇親会参加費:1名様につき別途5,000円(税別)

今回のセミナーにご参加頂きました方の個人情報につきましては、(株)InspireConsultingと(株)日本中央会計事務所からの商品やサービスの情報提供を目的としてご利用させて頂きます。

お申し込み

■■■重要■■■ 会員価格でお申込みの方へ

会員とは「月刊税務調査対策」(月額10,800円・毎月DVDとCDをお届けするサービス)の会員を示します。会員ではないお客様が申し込まれた場合、改めてお申し込み頂く場合がございますので、ご了承ください。
「月刊税務調査対策」のお申込みはこちらから。