• HOME
  •  › セミナー
  •  › 印紙税がガンガン安くなる契約書の作り方

印紙税がガンガン安くなる契約書の作り方

印紙の貼付金額を聞かれると、困る税理士も多いのではないでしょうか。
印紙は結局のところ、契約書等の名称による形式基準ではなく、
内容による実質基準で判定されるため、正確な判断をするためには、
契約書等の内容まで把握する必要があります。

これは裏を返せば、契約書等の内容を少し変えるだけで、印紙の節税を実現できるということでもあるわけです。

本セミナーでは、国税現職時代に、小規模法人から、東証一部上場企業までの印紙税の契約書の調査を担当し、
製造業・流通業・小売業・運送業・婚礼業等多数の印紙を購入する業種を調査してきた、浅地文雄税理士をお招きし、
印紙税の「節税方法」を具体的に教えていただきます。

「契約書を作ったから印紙税がかかる」という考え方から、
「印紙税の金額がこの金額になるような契約書を作成しよう」という考え方へ、考え方が変わるかもしれません。

また、印紙税調査での実体験に基づき、調査官が見ているポイントまで教えていただけるのですから、一挙両得です。

契約書を改変するだけで、印紙税が節税になるのですから、顧問先に喜ばれることは間違いありません。

ぜひ本セミナーを受講し、印紙税を安くする契約書の作り方を学んでください!

セミナー内容

  • 契約金額決定の方法を知って、ガンガン節税
  • 2号文書・7号文書を改変して、ガンガン節税
  • 委任契約と請負契約の違いを知って、ガンガン節税
  • 領収書を改変して、ガンガン節税
  • 注文請書を変更して、ガンガン節税
  • 落とし穴にはまりやすい、変更契約書の印紙税不納付指摘
  • 税務職員がみんな読んでる印紙税の基本書とは
  • 通帳を使った印紙税の節税
  • 英文等の外国との契約書において、印紙税の納付漏れをなくす方法
  • 電子メールでの書類作成で、ガンガン節税
  • 節税した印紙税契約書が、税務調査でさらされたときの対応

講師プロフィール

浅地 文雄

浅地 文雄

あさじ会計 代表税理士

昭和52年、新潟県長岡市生まれ。
【経歴:国税経験13年】
国家公務員 専門職A種試験 国税専門官採用
国税局 調査査察部 国税調査官(調査課)
国税局 調査査察部 国税査察官(マルサ)
税務署 国際税務専門官付 国税調査官(国際担当)
税務署 特別国税調査官付 国税調査官(トッカン)など

セミナー開催情報

セミナー名

~元国税が教える~
「印紙税がガンガン安くなる契約書の作り方」

日時

2014年10月2日(木)18:00~20:00(開場17:30)

会場 株式会社InspireConsulting セミナールーム
〒150-0002 渋谷区渋谷1-8-7 第27SYビル2階
参加費 一般:10,000円(税別)
会員:5,000円(税別)

会員とは月刊税務調査対策の会員のことをいいます。
会員制度について詳しくはこちらから

懇親会
(ご参加は任意)
セミナー終了後に講師を囲んでの懇親会を開催します。
懇親会参加費別途5,000円(税別)
事前精算とさせていただきます。
最低開催人数

10名

最低開催人数に満たなかった場合は開催を中止とし、
お支払い済みの受講料はご返金させていただきますので予めご了承くださいませ。

今回のセミナーにご参加頂きました方の個人情報につきましては、(株)InspireConsultingと提携会社からの商品やサービスの情報提供を目的としてご利用させて頂きます。

お申し込み