• HOME
  •  › セミナー
  •  › 相続分野における民法改正内容を徹底解説!セミナー

相続分野における民法改正内容を徹底解説!セミナー

相続制度の大幅見直しを解説したセミナーをいち早く開催!!

民法改正が話題になってから久しいのですが・・・

今年7月になって、民法の相続分野における改正など関連法が国会で正式に可決・成立しました。
40年ぶりの改正になるようです。

施行は、現段階において「2020年7月まで」となっていますが、
自筆遺言の制度を除いては「公布の日から起算して一年を超えない範囲内において政令で定める日から施行」
となっていますので、多くの規定は来年(2019年)4月に施行がされる可能性があると推測できます。

本セミナーでは、司法書士法人トリニティグループの磨和寛司法書士に、
いち早く相続分野における民法改正内容(付帯内容を含む)を解説いただきます。

民法の改正内容は下記(一部)のようになっています。

〇居住権を得た配偶者は、預貯金など他の遺産の取り分を増やすことも可能になる

〇婚姻期間20年以上の夫婦であれば、住居を生前贈与するか遺産で贈与の意思を示せば住居を遺産分割の対象から外す優遇措置が設けられる

〇高齢になった配偶者が生活に困らないようにする

〇亡くなった被相続人の親族で相続対象でない人でも、介護や看病に貢献した場合は相続人に金銭を請求できる仕組みが策定される

〇相続トラブルを避けるため、生前に書く「自筆証書遺言」を法務局に預けられる制度が創設される

施行までにまだ時間があるとはいえ、相続分野における民法改正項目はかなり多く、
早めに知っておくべき
ことが顧問先への提案につながるものと考えます。

ぜひ、ご受講ください。

トピックス

  • 遺言制度の改正:自筆遺言でも検認不要になる!法務局による事前チェックと保管制度の全容
  • 遺産分割制度の改正:相続人による「一部分割」と単独行使可能な「仮払い制度」の新設
  • 遺留分制度の改正:新設された遺留分侵害額請求権とは?
  • 生命保険活用による遺留分侵害額請求権対策について(その留意事項も合わせて)
  • 新たな相続争いの火種に!?介護で貢献した親族から相続人に対する金銭請求制度(特別の寄与制度)とは?
  • 配偶者が自宅に無償で住み続けられる「配偶者居住権」の新設。「配偶者短期居住権」と「終身居住権」を徹底解説。
  • 配偶者居住権は登記が必須?配偶者居住権の権利評価はどうなる?
  • 相続登記が対抗要件に!明文化により相続手続きの実務も変わる!?
  • 明文化された「債権者」と「相続人」の関係について(図で整理)

講師プロフィール

磨 和寛(みがき かずひろ)

司法書士法人トリニティグループ 代表司法書士

2004年立教大学法学部卒、2008年司法書士登録、
現在、司法書士法人トリニティグループ代表。
トリニティグループは創立から7年で、全国400を超える会計事務所、ハウスメーカー、葬儀会社等と連携をし、全国でも有数の成長率を誇る司法書士を中心とした士業事務所である。
在籍のメンバーは35名超。家族信託や会社法を用いた問題解決に力を入れており、資産家・経営者のサポートを数多く行っている。

セミナー開催情報

セミナー名 ~40年ぶりの大改正~
「相続分野における民法改正内容を徹底解説!」
日時 2018年8月7日(火) 18:00~20:00(開場17:30)
会場 株式会社KACHIELセミナールーム01
〒108-0074 東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル 6階
地図
参加費 一般:5,000円(税別)
会員:無料
懇親会 セミナー中に、質疑応答の時間を設けておりませんので
講師への質問は、ぜひ懇親会にご参加下さい。
希望者のみ セミナー終了後より2時間程度
懇親会参加費別途5,000円(税別)
※事前精算とさせていただきます。
※先着10名となっております。
※喫煙席となっております。
最低開催人数 10名
※最低開催人数に満たなかった場合は開催を中止とし、
お支払い済みの受講料はご返金させていただきますので予めご了承くださいませ。

ご参加頂きました方の個人情報につきましては株式会社KACHIEL(InspireConsulting)の商品やサービスの情報提供を目的として利用させて頂きます。

お申し込み

■■■重要■■■
会員価格でお申込みの方へ

会員とは「月刊税務調査対策」(月額10,800円・毎月DVDとCDをお届けするサービス)の会員及び「月刊税務調査対策 プレミアム」(月額32,400円・月刊税務調査対策に加え毎月無料でセミナーDVDをお届けするサービス)の会員を示します。会員ではないお客様が申し込まれた場合、改めてお申し込み頂く場合がございますので、ご了承ください。
「月刊税務調査対策」のお申込みはこちらから。
「月刊税務調査対策プレミアム」のお申込みはこちらから。