• HOME
  •  › セミナー
  •  › 法務的観点から考える相続の盲点・疑問点

法務的観点から考える相続の盲点・疑問点

相続事案では、税負担の最小化を目指すと、不思議なことに
親族間で争いになるケースが多くあります。

税理士は税負担を最優先で考慮するのがミッションなのはわかりますが、
現実はそこまで簡単ではなく、むしろ税負担を増加させても
モメごとを起こさない方が大事であるケースもあるわけです。

実務上、税理士が相続事案に対応するためには、
法務的観点が絶対的に必要になるわけですが、
民法等の法務的な知識がないために、ベストな対応ができないこともあります。

もちろん相続の専門家としての弁護士を入れることもあるのでしょうが、
これはこれで、その弁護士が相続税等を理解してくれていないと、
より大きな火種になることもあるから、相続実務は非常に難しいわけです。

本セミナーでは、税理士が知っておくべき「相続関連の法務知識」を解説いたします。
いわゆる相続の事前対策から、モメやすい遺言や遺産分割、さらには
相続放棄をするケースから、信託まで取り扱います。

つまりは、「相続税対策」と「相続対策」は方向性として違うことも多い中、
相続に必須となる法務知識を学ぶことができるセミナーです。

講師には、税理士から年間100件以上の相談を受けている、
弊社ではおなじみ、永吉啓一郎弁護士になります。

相続に関する法務的知識を体系的に学べるセミナーは希少です。
相続事案でトラブルを起こさないことが、
今後ますます税理士として重要なミッションになります。

ぜひ、ご受講ください!

セミナー内容

  • 相続税対策と相続対策の異同
  • 相続に関する法務・税務における注意点
  • ・遺言
    ・遺産分割
    ・相続放棄、限定承認等
    ・信託等

  • 相続に関する税理士からの相談実例を解説

講師プロフィール

永吉 啓一郎
弁護士法人 ピクト法律事務所 代表弁護士

1985年愛知県生まれ
中央大学卒業。弁護士となり鳥飼総合法律事務所入所。
2015年に弁護士法人ピクト法律事務所を設立し、代表弁護士に就任。

現在は、80名以上の税理士が会員となっている「メーリングリスト法律相談会」を運営しており、税理士の相談を多数受けている。また、~「税理士×法律」~という税理士向けの法律情報サイトも運営し、情報発信も行っている。

セミナー開催情報

セミナー名 ~相続は税務的観点からのみでは対応不可能!?~
「法務的観点から考える相続の盲点・疑問点」
日時 2016年12月9日(金) 17:00~20:00(開場16:30)
会場 株式会社KACHIELセミナールーム01
〒108-0074 東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル 6階
地図
参加費 一般:10,000円(税別)
会員:無料
最低開催人数 10名
最低開催人数に満たなかった場合は開催を中止とし、
お支払い済みの受講料はご返金させていただきますので
予めご了承くださいませ。

今回のセミナーにご参加頂きました方の個人情報につきましては株式会社KACHIEL(InspireConsulting)の商品やサービスの情報提供を目的として利用させて頂きます。

お申し込み

■■■重要■■■ 会員価格でお申込みの方へ

会員とは「月刊税務調査対策」(月額10,800円・毎月DVDとCDをお届けするサービス)の会員及び「月刊税務調査対策 プレミアム」(月額32,400円・月刊税務調査対策に加え毎月無料でセミナーDVDをお届けするサービス)「TRUSTAX会員」(経営者の案件を月額3~8万円で紹介するサービス)の会員を示します。会員ではないお客様が申し込まれた場合、改めてお申し込み頂く場合がございますので、ご了承ください。

「月刊税務調査対策」のお申込みはこちらから。
「月刊税務調査対策プレミアム」のお申込みはこちらから。
「TRUSTAX会員」につきまして詳しくはこちらから。