一般社団法人・信託・組合

伊藤俊一税理士による・・・
オーナー個人⇔法人間における税務上の注意点・問題点・留意点を全4回にわたって解説する、第3回目は「一般社団法人・信託・組合」に焦点を当ててお伝えします。

一般社団法人を活用した節税方法が、一般的に認知され始めて数年になります。
その一方で、実際に顧問先に提案することを、躊躇している税理士も多くいることでしょう。

また、信託法は平成18年改正(平成19年施行)され、
実際上適用できる場面が確実に増えたはずですが、
税理士が顧問先に提案している事例は非常に少ない
ようです。

これらは、税務・法律知識が不足している以上に、
・実際にどのようなケースで
・どのようなスキーム、内容で

提案すべきかの【実例】を知らないから、というのが本音ではないでしょうか。

本セミナーでは、大人気講師の伊藤俊一税理士が一般社団法人・信託・組合の活用事例を
いつも通りお勉強的な内容ではなく、実務直結の内容でお伝えいたします。
すでに伊藤俊一税理士が一般社団法人等解説したセミナーやDVDを
ご覧いただいた方であっても、さらなる進化バージョンを知ることができます。

また、一般社団法人をメインテーマに据えながら、
信託・組合を活用した具体的なスキームも紹介
いたします。

ぜひ、ご受講ください。

セミナー内容

  • (1)一般社団法人スキームについて最近の傾向
  • 本スキームはどの場面で提案されていることが多いのか?
    初期設計はどのようにしていることが多いのか?
    出口戦略はどのようにされていることが多いのか?
    金融機関提案実例を一部紹介。このスキーム妥当性の検証をします
    ・その他一般社団法人スキームが使える場面の各スキームを解説

  • (2)信託
  • 実際に利用されているのは高齢者信託スキームが圧倒的に多い
    高齢者信託スキーム設計上の問題点はないのか?
    ドラスティックな信託スキームについて税務上の妥当性を検証します。
    (受益者連続型信託や財産評価基本通達202項を使ったスキーム等はどこまで有効なのか?)

  • (3)組合
  • ・基本的な論点をまず解説します
    組合と組合員との取引の違い
    組合に対する現物出資

講師プロフィール

伊藤俊一

伊藤 俊一(いとう しゅんいち)
伊藤俊一税理士事務所代表

1978年(昭和53年)愛知県生まれ。
勤務時代、都内会計事務所を経て、都内コンサルティング会社にて某メガバンク案件に係る事業再生、事業承継、資本政策、相続税等のあらゆる税分野を経験。特に、事業承継・少数株主からの株式集約(中小企業の資本政策)・相続対策・地主様の土地有効活用コンサルティングは勤務時代から通算すると数百件のスキーム立案実行を経験しており、豊富な経験と実績を有する。
現在、厚生労働省ファイナンシャル・プランニング技能検定 試験委員
一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務専攻在学中。

セミナー開催情報

セミナー名 ~オーナー個人⇔法人間における税務上の注意点・問題点を解説~
第3回「一般社団法人・信託・組合」
日時 2016年6月7日(火) 18:00~20:00(開場17:30)
会場 株式会社InspireConsulting セミナールーム
〒150-0002 渋谷区渋谷1-8-7 第27SYビル2階
参加費 一般:10,000円(税別)
会員:無料
最低開催人数 10名
最低開催人数に満たなかった場合は開催を中止とし、
お支払い済みの受講料はご返金させていただきますので
予めご了承くださいませ。

今回のセミナーにご参加頂きました方の個人情報につきましては株式会社InspireConsultingの商品やサービスの情報提供を目的として利用させて頂きます。

お申し込み

■■■重要■■■ 会員価格でお申込みの方へ

会員とは「月刊税務調査対策」(月額10,800円・毎月DVDとCDをお届けするサービス)の会員及び「月刊税務調査対策 プレミアム」(月額32,400円・月刊税務調査対策に加え毎月無料でセミナーDVDをお届けするサービス)の会員を示します。会員ではないお客様が申し込まれた場合、改めてお申し込み頂く場合がございますので、ご了承ください。
「月刊税務調査対策」のお申込みはこちらから。
「月刊税務調査対策プレミアム」のお申込みはこちらから。