• HOME
  •  › セミナー
  •  › 新しい認定医療法人制度のポイントを徹底解説!!

新しい認定医療法人制度のポイントを徹底解説!!

法人へのみなし贈与税課税の免除という大改正により、
1,000法人を超える社団医療法人が
持分なし医療法人へ移行すると想定されています。
3年間限定の制度ではありますが、
認定要件の緩和により、社団医療法人の相続対策として
持分なし医療法人への移行を検討する法人が激増すると思われます。
ただし、この制度は、
本気で持分なし医療法人への移行を
検討している法人向けの制度に変わりました。
また、移行後6年間、認定要件を満たし続けていないと、
法人へのみなし贈与税課税の免除が確定しません
つまり、長期間、税理士は認定要件の
充足状況を定期的にチェックしなければいけない
のです。
したがって、認定要件のポイントを把握し、
クライアントと総合的に判断した上で、
制度の利用を検討すべきなのです。
本セミナーでは、
医療法人の出資持分対策を手掛けて今年で20年目であり、
この間に50件以上の特定医療法人化に尽力されてきた
東日本税理士法人副所長、坂田茂講師にご登壇いただき
認定要件のポイントから、制度を利用すべき法人、
使用しない方が良い法人など、
「新しい認定医療法人制度のポイント」を徹底解説します。
ぜひ、ご受講下さい!

トピックス

  • 認定要件の激変項目は?
  • 認定要件のポイントはどこ?
  • 従来の認定医療法人制度との違いは?
  • 移行後の認定要件チェックはどうする?
  • 制度を利用すべき法人、利用しない方がよい法人

講師プロフィール

坂田 茂(さかた しげる)

東日本税理士法人 副所長 / ファイナンシャルプランナー 医療経営士2級

昭和46年3月3日 埼玉県生まれ
平成 9年8月  公認会計士・税理士長隆事務所(現東日本税理士法人)入所
平成14年3月  税理士登録(第94366号)
平成14年度・平成15年度 埼玉県包括外部監査人補助者

顧問税理士としての業務の他に、全国各地での医療法人の理事、監事、評議員に就任中。
医療法人の出資持分対策を手掛けて2017年で20年目に入り、
この間に、50件以上の特定医療法人化に尽力。
最近では、社会医療法人化・内部統制のチェックの依頼も増えている。
月刊メディカルクオールにて平成24年7月号から毎月連載中

51Q70DPTYFL 71WaSyCB8EL 医療機関の税務Q&A 診療所の経営・会計・税務なるほどQ&A 医療法人・社会福祉法人の内部統制ハンドブック 税制改正Q&A

セミナー開催情報

セミナー名 ~移行後6年間は税理士のチェックが欠かせない~
新しい認定医療法人制度のポイントを徹底解説!!
日時 2017年10月12日(木)18:00~20:00(開場17:30)
会場 株式会社KACHIELセミナールーム01
〒108-0074 東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル 6階
地図
参加費 一般:5,000円(税別)
会員:無料
懇親会 セミナー終了後に講師を囲んでの懇親会を開催します。
希望者のみ セミナー終了後より2時間程度
懇親会参加費別途5,000円(税別)
※事前精算とさせていただきます。
※先着10名となっております。
※喫煙席となっております。
最低開催人数 10名
最低開催人数に満たなかった場合は開催を中止とし、
お支払い済みの受講料はご返金させていただきますので予めご了承くださいませ。

ご参加頂きました方の個人情報につきましては株式会社KACHIEL(InspireConsulting)の商品やサービスの情報提供を目的として利用させて頂きます。

お申し込み

■■■重要■■■
会員価格でお申込みの方へ

会員とは「月刊税務調査対策」(月額10,800円・毎月DVDとCDをお届けするサービス)の会員及び「月刊税務調査対策 プレミアム」(月額32,400円・月刊税務調査対策に加え毎月無料でセミナーDVDをお届けするサービス)「TRUSTAX会員」の会員を示します。会員ではないお客様が申し込まれた場合、改めてお申し込み頂く場合がございますので、ご了承ください。
「月刊税務調査対策」のお申込みはこちらから。
「月刊税務調査対策プレミアム」のお申込みはこちらから。