税理士が誤りやすい資産税の論点

経歴として非常に珍しい「元国税・税理士・不動産鑑定士」が講師!!
評定平均4.25の高満足度が表す内容とは!?

講師の西川税理士・不動産鑑定士は、現在は主に、
税理士事務所からの依頼により、不動産鑑定・相談の業務に従事しており、
税務の立場から不動産を考えることができる、
日本でも数少ない不動産鑑定士として活躍されている方です。

不動産鑑定士に依頼すると、税務の観点からは適切・適正ではない
意見書や評価額があがってくることがあります。

これは、不動産鑑定士が税務の専門家ではないためで、
税理士としては補正の依頼をしても、意思疎通がなかなか難しいケースも存在します。

しかし、税理士が鑑定・評価等の依頼をする限りは、
税務が絡んでいるのであり、そういう意味では
税務に精通していない不動産鑑定士には依頼しにくいのが実情でしょう。

また不動産の評価は、「時価」が課税ベースといいながらも、
あえて財産評価通達等を採用しない方が納税額が減ったり、
税務的な観点と不動産鑑定士の専門的知識の両面から考えることで、
多様な評価・鑑定額が算出されることが、よくある領域です。

本セミナーDVDでは、税理士が単純に相続税評価に頼らず、
また、不動産の専門家から見た評価を税務上も加味すべき、という論点に絞ってお伝えするものです。

不動産鑑定士の税理士であるからこそわかり、税理士から多数の依頼を受けている実務家だからこそ
知ることができた論点を公開していただきます。

ぜひ、ご覧ください!

DVD内容

  • 実額が不明な土地の取得費はどうすればいい?
  • 入居率が悪い賃貸アパートは相続評価額と不動産鑑定評価額大きく相違する!
  • 広大地の判定で、税理士・不動産鑑定士が気を付けているポイントとは?
  • 市街地山林の評価における宅地化困難の判定
    (急傾斜地や経済合理的に宅地化困難なケースなど)

ダイジェスト動画

講師プロフィール

西川浩二(にしかわ こうじ)

西川浩二(にしかわ こうじ)
税理士・不動産鑑定士

昭和42年生まれ
平成4年 東京国税局入局
平成9年 西日本シティ銀行入行
平成12年 西川不動産鑑定士・税理士事務所設立
現在は、有限会社フィールズ鑑定法人の代表取締役・不動産鑑定士として、
主に税理士事務所からの評価・鑑定依頼を受けている。
また、篠原・植田税理士法人の税理士として活躍中。

DVDの詳細

商品名 ~元国税の税理士・不動産鑑定士が教える~
「税理士が誤りやすい資産税の論点」
講師 西川浩二(にしかわ こうじ)
仕様 DVD1枚+レジュメデータ(メールにて送付致します)
収録日 2014年10月3日
収録時間 120分
販売価格 一般:25,000円(税別)
会員:15,000円(税別)

※会員とは月刊税務調査対策の会員のことをいいます。
会員制度について詳しくはこちらから

当サイトは、お客様からご提供いただいた個人情報を、より良い製品・サービスを開発するため、お客様へ有用な情報をお届けするため、その他の正当な目的のためのみに使用いたします。

お申し込み