• HOME
  •  › CD/DVD/書籍
  •  › 社団法人&財団法人の税務の重要ポイントセミナーDVD

社団法人&財団法人の税務の重要ポイントセミナーDVD

評定平均4.46点(5点満点)

公益法人制度改革が進む中で、税務と会計のルールも変わってきています。

その中で、公益法人特有の会計や税務に対応できずにいる、
顧問先の公益法人の設立相談に対し、どの法人格にすべきか適切なアドバイスができない、
等の悩みを抱えている方も少なくないのが実情ではないでしょうか

平成20年12月より法改正が入り、一般社団法人および一般財団法人の設立は準則主義により、
要件がそろえば主務官庁の許可なく、新規設立ができるようになりました。

そのため、ここ数年で一般社団法人や一般財団法人の新規設立件数は倍増しています。

あわせて、同時期の法改正により、従来の民法34条法人と呼ばれた社団法人および財団法人は、
公益認定を受けて、公益社団法人または公益財団法人へ あるいは移行認可を受けて、

一般社団法人または一般財団法人へ、と平成25年11月までに法人格が変わりました。

ひとくちに「公益法人」といっても、法人格を厳密に分解すると実は、以下のように内容として6種類のパターンが存在しています。


・公益財団法人
・公益社団法人
・一般財団法人(移行法人)
・一般社団法人(移行法人)
・一般財団法人(新規設立)
・一般社団法人(新規設立)

本DVDでは、公益法人やNPO法人などの非営利法人が顧問先の大半を占めており、
公益法人の税務会計や運営にまつわるセミナーを数多く行っている
「公益法人専門の税理士」、浦田 泉講師にご登壇いただき、これらの法人格について、税務の重要ポイントを解説していただきました。

実に3分の2の税理士が勘違い、または間違えている論点です。
ぜひ、ご購入ください!

DVD内容

  • 一般社団法人や一般財団法人には、営利型と非営利型がある!
  • 営利型と非営利型の税務上の扱いは、大きな違い!
  • 税法上の収益事業の注意点はこれ!
  • 公益社団法人や公益財団法人の税務上の扱いは、一般社団法人や一般財団法人と違う!
  • 任意団体の税務上の扱いも要注意!
  • その他(今、話題のテーマ)

ダイジェスト動画

セミナー受講者の声

用語の詳しい解説が非常に丁寧でわかりやすい

xxxxxxxx 様

加藤厚税理事務所/愛知県名古屋市
加藤 厚 様

社団法人・財団法人に精通されているだけあり、用語の詳しい解説が非常に丁寧でわかりやすく、非営利型、収益事業の捉え方がよくわかりました。今後、一般社団法人・一般財団法人の相談に対して、より丁寧に対応出来ると思います。

セミナー感想

質問の機会をいただけたことにより一歩前に進めたと思います。

xxxxxxxx 様

匿名希望

新たに2法人程、一般社団・財団を引き受けることとなり、今回のセミナーに参加させていただきました。基本的な事項がご説明いただけたこと、及び書籍をご案内いただいたこと、更に質問の機会をいただけたことにより一歩前に進めたと思います。本日は誠にありがとうございました。

セミナー感想

基礎的な事がわかり、今後の判断に役立つ

xxxxxxxx 様

匿名希望

最近、一般社団法人のクライアントが出来たので、とても勉強になりました。特に収益事業になるのものの判断はあいまいでしたので、今回のセミナーで基礎的な事がわかり、今後の判断に役立つかなと思いました。

セミナー感想

講師プロフィール

浦田 泉

いずみ会計事務所 所長 税理士・内部監査士

白百合女子大学文学部仏文学科卒業、住友海上火災保険株式会社(現:三井住友海上火災保険株式会社)に勤務の後、税理士事務所に入所、税理士登録(1999年)。その後、内部監査コンサルティング会社に入社し、上場を目指す会社や上場企業に経理分野の内部監査制度の導入支援を担当。2003年に税理士事務所開業。開業当初から公益財団法人公益法人協会の研修等に参加し、「公益法人に強いいずみ会計」の基礎を築く。

現在、事務所の顧問先は公益法人等(公益社団法人、公益財団法人、一般社団法人、一般財団法人)やNPO法人などの非営利セクターが大半をしめている。公益法人の会計税務顧問を中心に、公益認定申請の支援、内部統制制度の指導、立入検査の指導、定期提出書類作成支援など公益法人運営にまつわる課題を広くサポートする他、公益法人の税務会計や公益法人運営にまつわるセミナー講師なども務め、「公益法人専門の税理士」として活躍の場を広げている。

【所属団体等】
東京税理士会会員、NPO法人日本公会計支援協会会員、公益財団法人公益法人協会会員、NPO支援東京会議、NPO法人 NPO会計税務研究協会 等に所属。

【役職等】
地方公共団体補助金評価委員会委員、地方公共団体下水道審査委員会委員、地方公共団体元補助金検討委員、地方公共団体外郭団体監事などを歴任。公益財団法人公益法人協会における公益法人税制対策委員、公益財団法人監事、社会福祉法人監事、NPO法人監事、公益法人アカウンタント会員(会員番号A000119) 等。

DVDの詳細

商品名 ~税理士ならば押さえておくべき!~
「社団法人&財団法人の税務の重要ポイント」
講師 浦田 泉
仕様 ・DVD1枚+レジュメデータ
・DVD1枚+CD2枚+レジュメデータ
・DVD1枚+動画サイトURL+レジュメデータ
※CD・動画の収録内容はDVDと同様のものとなっております。
収録日 2017年9月12日
収録時間 92分
販売価格 DVDのみ 
一般 20,000円(税別)
会員 10,000円(税別)
DVD+CD 
一般 25,000円(税別)
会員 15,000円(税別)
DVD+動画 
一般 25,000円(税別)
会員 15,000円(税別)

お申し込み

■■■重要■■■ 会員価格でお申込みの方へ

会員とは「月刊税務調査対策」(月額10,800円・毎月DVDとCDをお届けするサービス)の会員及び「月刊税務調査対策 プレミアム」(月額32,400円・月刊税務調査対策に加え毎月無料でセミナーDVDをお届けするサービス)「TRUSTAX会員」(経営者の案件を月額3~8万円で紹介するサービス)の会員を指します。会員ではないお客様が申し込まれた場合、改めてお申し込み頂く場合がございますので、ご了承ください。
「月刊税務調査対策」のお申込みはこちらから。
「月刊税務調査対策プレミアム」のお申込みはこちらから。

※ご注意※

こちらのDVDは、プレミアム会員2017年10月号特典となっております。
対象月のプレミアム会員様のご注文は不要でございます。「対象月以外のプレミアム会員様」及び「月刊税務調査対策会員様」「TRUSTAX会員様」は会員価格でご注文頂けます。